おすすめの成分はコレ

動脈硬化は自覚症状がなく、ある日突然死に至る病をもたらす恐ろしい疾患です。

 

代表的な生活習慣病ですが、生活習慣を変えることは実際にはとても大変なことです。

 

その努力はするとして、それとは別に手軽で効果の高い対策はないのか?

 

実はいくつか、大きな期待を持てる成分が3つほどあるので、それを紹介しましょう。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

脂質異常症(高脂血症)は、動脈硬化の大変大きなリスクファクターです。

 

健康診断の血液検査で中性脂肪やコレステロールの値が正常範囲をオーバーしていた人。

 

注意してください!

 

簡単に言うと、血が脂でドロドロだと、排水管のヘドロのように血管の内側にこびりついて、動脈硬化になりやすいということです。

 

これに対しては、青魚の脂に含まれるEPAという不飽和脂肪酸が強い低減効果を持つことが知られています。

 

単に飲み続けるだけで、血液中の中性脂肪が20%減少。

 

しかも飲むのをやめても当分効果が持続した、という実験結果があります。

 

魚から摂るには大量に毎日食べる必要があり、調理で壊れやすい成分でもあるので、サプリがおすすめです。

 

EPAサプリのおすすめ品一覧はコチラ

 

シトルリン

スイカなどに含まれるアミノ酸の1種で、血管内皮の健康を保つ作用があります。

 

血管は3層構造になっていて、血管内皮は一番内側の層。

 

しかし、血管内皮は、単なる内側の皮ではありません。

 

合計でテニスコート6面分の面積を持つ、人体で最大面積の内分泌器官なのです。

 

プラークが付着して動脈硬化が進むのを防ぎ、一酸化窒素という血管拡張物質の分泌も行います。

 

血管は全身の隅々に酸素と栄養を届け、老廃物を回収する道路網。

 

人体のインフラです。

 

だからいわゆる「血管年齢」を若く保つことがとても大切なのですが、その鍵を握るのが血管内皮なのです。

 

血管内皮を元気にするシトルリンは、動脈硬化を防いで全身を若々しく保ってくれる物質だといえます。

 

シトルリン・サプリのおすすめ品一覧はコチラ

 

トリラクトペプチド

カルピス社が発酵乳から見出した物資で、シトルリン同様に血管内皮の健康を保つ働きがあります。

 

動脈硬化につながる要因は複数ありますが、血管内皮の修復力が強ければ動脈硬化の進行は抑えられます。

 

同社は一般の人が覚えやすいように「年齢ペプチド」の愛称をつけて浸透をはかっています。

 

最近、サプリ化されて大変な注目を集めています。

 

トリラクトペプチド・サプリの詳細情報はコチラ

生活習慣改善のポイント

動脈硬化をもたらすのは悪しき生活習慣です。

 

サプリさえ飲んでいれば生活習慣がめちゃくちゃでも動脈硬化にならないと考えるなら、それは間違っています。

 

少しずつでもいいから改善しましょう。

 

ポイントは下記のとおり。

 

禁煙する

タバコは動脈硬化を多角的に誘発する「百毒の長」です。

  • ニコチンは交感神経を刺激して血圧を上昇させ、血管壁に負担をかけます。
  • またLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させます。
  • また煙草の成分は直接に血管内皮を傷害もします。
腹八分目と栄養バランス

過食は脂質異常症を誘発し、動脈硬化につながります。
脂っこい食べ物ばかりを好んで食べるのも同じ弊害があります。

塩分を控えめに

塩分の過剰は血圧上昇の最大要因です。
血圧が上昇すると血管内壁が傷害されやすくなり、動脈硬化が起きやすくなります。

適度な運動をする 中程度の負荷の有酸素運動(ランニングや水泳)が推奨されています。
ストレスをためない ストレスは交感神経を刺激して血圧上昇を招き、血管内皮に負担をかけます。

 

とはいえ、生活習慣は簡単には変えられないのも現実です。

 

  • 営業の仕事なので、接待や付き合い飲み会は減らせない
  • タバコを吸わないとどうしても仕事の山を乗り切れない
  • 早朝から深夜までの仕事なので、運動をする余裕がない
  • 本来的にストレスの大きい職種である

 

・・・など、生活習慣は仕事と深い関係にあることも多いです。

 

つまり、仕事を変えないと生活習慣を変えるのは困難だが、転職は現実には困難である、というケースがよく見られるのです。

 

こうした困難を克服しながら、自分の健康を守るためには、ぜひとも生活習慣を変えていくべきなのです。

 

なかなか着手できないことも多いでしょう。

 

せっかく改善してきていたのに、何かのきっかけで元に戻ってしまい、挫折感を味わうこともあるかもしれません。

 

そんな中、すぐに始められて負担なく続けられて、しかも一定の効果を発揮してくれるのがサプリなわけです。

 

まずサプリから始めて、生活習慣をひとつずつ直してゆかれることをお勧めします。